インパクトドライバーとドリルドライバーの違い、1台買うとしたら

DIY

インパクトドライバーとドリルドライバー、見た目は非常に似ていますが本来の役割は異なります。

インパクトドライバーは回転+打撃

インパクトドライバーは一定の負荷がかかるとドリルの回転に打撃が加わる仕組みです。

その分、力が強くビス留めが速くできるため、多数のビスを締める作業に向いています。

ウッドデッキのような大きな木材に下穴無しでビス留めしていく場合など、パワーを要する作業には不可欠となります。

逆に小さなビス留めなど細かい作業は不向きです。

また、下穴無しでビスを打ち込むと相当の音が出ますし、木材の端に打つと板割れをする可能性が高いです。

ドリルドライバーは回転のみだが微調整が可能

ドリルドライバーは回転に特化しています。

回転速度やトルク(回転時の力)も微調整できるため、細かい作業に向いています。

もともとビス穴が開いている組み立て家具の作成などには充分な性能です。

また、インパクトドライバーのように一定の負荷がかかっても打撃を加えることが無いので穴を開ける作業は得意です。

逆に力は弱いため大きな木材に次々にビス留め作業を行うのは不向きとなります。

【結論】どちらか1台ならインパクトドライバーをおススメします。

以上のようにインパクトドライバーとドリルドライバーは本来は作業内容に応じて使い分けがされています。

しかし、DIYレベルでの使用を考えた場合、両方揃えるのはコスト的にも保管スペース的にも負担が大きいです。

使用方法を工夫すれば代用は可能ですので主な作業内容が決まっている場合はそれに応じて1台のみ購入すれば充分でしょう。

DIYは始めたいが、作業内容は決まっていない場合や将来的に範囲を広げたい場合はインパクトドライバーの方をおススメします。

インパクトドライバーの欠点である木材の板割れや騒音については事前に下穴を開けることでかなり緩和されます。

インパクトドライバーで下穴を開けるコツとしては、ドリルドライバーのように微調整できないため、手動で引き金を引く強さを調整することです。

また、負荷がかかると打撃が始まるため、無理に押さえつけないようにゆっくり作業をする必要があります。

もちろん本格的にDIYを始める場合には両方あったほうが作業も早く、充電が切れる心配も半減するので余裕がある方は、下穴用にドリル、ビス留め用にインパクトの準備を検討してみてください。

インパクトドライバーの選び方

初めてインパクトドライバーの購入を検討される方は、その種類の多さや価格の幅に驚かれるかもしれません。

主な要素としては以下の通りです

  • 充電式か電源式か
  • ボルト・トルクの強さ
  • バッテリーの数、種類
  • ブランド

充電式か電源式か おススメは充電式

充電式は本体に装着するバッテリーにて駆動します。

いろんな場所で自由に使えますが、当然ながら充電が切れると使えません。

電源式は有線のコードにて直接電源と接続します。

充電が切れる心配はありませんが作業範囲は限られますし、作業の邪魔にもなりやすいです。

特に作業内容が決まってない場合は充電式をおススメします。

ボルト・トルクの強さ

電圧が10.8V~18Vあたりが主流のようです。36Vなどもあります。

一般に数値が大きいほどトルクも高く、強い力がでます。

普通のDIYでは18Vでもややオーバースペックになりますので、14.4V程度で充分です。

バッテリーの数、種類

本体に付属するバッテリーの数で値段が大きく異なります。

2個付いているのが主流で連続して作業もしやすいです。

極端に安いものはバッテリー無しのものがあるので注意してください。

これは同じメーカーの電動工具でバッテリーの使い回しを想定して販売されているからです。

種類についてはほとんどがリチウムイオンのバッテリーのはずです。

古いものを中古で購入される場合はニッカドの場合がありますので注意してください。

インパクト1台で運用する場合は常にバッテリーは満タンにしておきたいところですが、ニッカドはメモリー効果があるためこまめな充電がしにくいです。

ブランド

マキタやHiKOKI(日立)など実績があるメーカーは人気が高く、価格は下がりにくいです。

また、多くの場合は他の電動工具とバッテリーの互換性があるため、マキタやHiKOKIで揃える人が多いです。

コスパが良いメーカーとしてはリョービや高儀など、海外メーカーではBOSCHなどがあります。

価格帯としては1万円ちょっとでDIYレベルとしては充分すぎるほどのものが購入可能です。

ホームセンターなどの独自ブランドでもある程度使えると思いますが、ディスカウントストアでよく分からないメーカーは避けたほうがよいかもしれません。

参考情報としてプロの職人さんは、高性能の割りに小型・軽量、耐久性がある、バッテリーが使い回しできるものを好まれるようです。

プロの場合は依頼に応じて仕事をされますので、作業現場や日程、作業環境が選べません。

そのため価格が多少高くても使い勝手が良いものが人気になっているのでしょう。

DIYの場合はその心配は普通はないと思いますので初めからあまり高価なものを買う必要はないと思います。

私は下記のものを購入しましたが充分すぎるほどの性能でした。

HiKOKI(ハイコーキ) 14.4V コードレスインパクト ドライバ  ブルー 1.3Ah バッテリ2本・充電器・ケース付 FWH14DGL(2LEGK)

コメント

タイトルとURLをコピーしました